夢の城


英語劇 パフォーマンス – Wiener Festwochen.

殊の他

岸田戯曲賞受賞、演技者ドラマ化第二弾と追い風モード真っ只中での
三浦大輔最新作です。事前にチラシやインタビューで、挑戦する姿勢
を窺わせていましたが、果たして作品は…。

マンションで共同生活をする男女8人。深夜。テレビゲームに興じる
者あれば、談笑する者もあり。やがて、一部の男女で性行為が始めら
れる。次々に相手も変わるスワッピング状態。そして夜は更けていく。
早朝。三々五々に目覚める男女。朝から性行為に及ぶ者もあれば、テ
レビゲームを始める者も。やがて、パチンコに行ったり、買い物に出
かけたり者、居残って者。夕方。各々、外で何かをして帰って来た者
達だが、当然のように性行為が始まったり。そんな中で、喧嘩が起き
たり、男同士で行為を始めようとしたり。夜。先ほどの喧騒は嘘のよ
うに穏やかに。まぁ、また性行為に及ぶ者やゲームに興じる者かだが。
晩飯が出来て、がっつく若者達。別に取り合いになったりすることは
ない。深夜。全員でカラオケに行って、一部の人間は泥酔してみたり。
そして、また夜は更けていく。

まず、さっさと結論を先に書いておきます。

面白かったか、面白くなかったかと問われれば面白かったです。不快
感は微塵もありません。でも、この作品を面白くないと言う人がいる
のも分かるし、不快に思う人がいるのも当然のことだと思います。>>

>>mehr

2 Kommentare

Schreibe einen Kommentar

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden / Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden / Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden / Ändern )

Google+ Foto

Du kommentierst mit Deinem Google+-Konto. Abmelden / Ändern )

Verbinde mit %s